サガン鳥栖と海外戦略業務提携のお知らせ

Feb 28, 2014

リードオフ・スポーツ・マーケティングは、Jリーグ・サガン鳥栖の運営会社である株式会社サガン・ドリームスとアジア・世界戦略、サガン鳥栖のブランド価値の向上を目的とした、海外戦略業務提携を致しました。

株式会社サガン・ドリームス、代表取締役社長竹原稔コメント
 
 
「今、Jリーグはスポーツを通じた地域貢献、地域を元気にするための百年構想の中、今年度はJ3もスタート致しました。その中で私達サガン鳥栖は、現状の維持ではなく、飛躍的に成長することをクラブ、選手、監督、スタッフが共通意識の中で思い描いております。それはファン・スポンサー様の満足、サガン鳥栖のブランド力の向上に繋がると考えております。また、サガン鳥栖のブランド力向上=経営安定への道程のプロセスの一つであり、私達クラブが描く、中・長期ビジョンであるアジア・世界戦略を拡げて行く為には、国際的ネットワークの構築、国際的ブランド力の向上が必要であると考え、今回の契約に至りました。冬季ソチオリンピックの余韻の残る中、またブラジルW杯を控え、「スポーツ(サッカー)」を取り巻く環境が劇的に変化する2014年シーズンの始めに今回の契約を締結できたことを大変嬉しく思います。」
 

サガン鳥栖公式リリース

"サガン鳥栖のブランド価値向上を目的とした海外戦略業務提携のお知らせ"

 

 

 

Scroll Up