北米独立リーグ選抜トライアウトへの「日本人選手枠」創設

Feb 10, 2011

リードオフ・スポーツ・マーケティングは、北米独立サッカーリーグ(USL PRO)と共同で、同リーグ選抜トライアウトに「日本人選手枠」を創設しました。また、日本からトライアウト史上最年少となる18歳の米澤穂高選手の参加をFC岐阜とコーディネートしました。

全米の育成リーグから選抜された選手を対象とした北米独立サッカーリーグ(USL PRO)選抜トライアウトに、同リーグとのコラボレーションで、初めて「日本人選手枠」を創設しました。ここに日本より今田傑選手と、FC岐阜アカデミーから日本人史上最年少トライアリストとなった米澤穂高選手の参加をコーディネート。同時にJリーグクラブ初となるFC岐阜による、アメリカ市場の若手選手スカウティング業務もサポートしました。

Powered by LeadOff Sports Marketing

 

Scroll Up