山田卓也選手、2012 NASL優勝&リーグベストイレブンに選出

Nov 15, 2012

リードオフ・スポーツ・マーケティングがサポートする元日本代表の山田卓也選手の所属するタンパベイ・ラウディズが、2012北米リーグ(NASL)チャンピオンに輝きました。また、山田選手自身も、NASLベスト11にディフェンダーとして選出されましたことをお知らせいたします。

山田選手は日本代表として国際Aマッチ4試合に出場し、2004年にはアジア杯優勝メンバーにもなりました。1997年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)入りし、主将も務めた後、セレッソ大阪、横浜FC、サガン鳥栖などを経て、2010年からNASLのタンパベイ・ラウディズでプレーをし、通算81試合出場(チーム最多)と、チームの中心選手としてクラブを牽引しています。

 

(c) Chris Arnold
Scroll Up